Menu

国際感覚を身につけられる

子供達

小学生から英語の授業が始まり、ますますその重要性は増す一方です。なぜこれほどまでに重要度が高まっているかと言うと、世界レベルで通用するような国際人の育成に国が力を入れているからです。TOEFLのテストは先進国の中では日本が最低ランクであるという調査結果がでてしまったことを反省し、できるだけ早いうちから英語教育に取り組むことの重要性が注目されつつあります。ただし、学校教育だけでは十分だと考えている人は殆どいません。そのため、英会話レッスンに通ったりすることで、独自に学習を進める家庭が増えてきているのです。日本の教育に対する不信感の強まりから、最近ではアメリカンスクールなどへの進学を希望する子供も増えています。

話す力を付ける

男の子

重要視されているのが、まずはじめに話す力です。自分の言葉で表現することは、国際人として何よりも大切なことであると考えられているのです。そこで、小学生向けの英語教育では英会話に重点を置いています。自分の頭で考え、自分の意見を主張することは、日本人の多くが苦手とする分野です。そのため、英語のレッスンはとにかく言葉を自分で発することを大切にしています。英語で表現できることが増えるにつれて、会話をすることに対して自由になります。子供の脳はスポンジのように吸収が早いことから、レッスンで習ったことを次々と吸収し、英語での表現方法を身に着けていくことができるのです。1週間に1度の英会話教室であっても力を伸ばすことができます。

将来に役立つ語学力

単語カード

早いうちから英語を学ぶ上で重要なことは、将来を見据えて学習に取り組むことです。国際化が著しい昨今、英会話を話すことはすでに当たり前のこととなっています。英語はあくまでもツールですが、そのツールをどのように活かす事ができるかということで、将来の選択肢がぐっと広がるのです。そのため、小学生の英語のレッスンでは、読み書きだけでなく、耳で聞いて自分の言葉で話すということを身につけることが重要なのです。これができるようになって初めて、ツールとしての英語を駆使することができるようになります。また、英語を将来的にどのように役立てるか、ということも早い段階から将来を見据えて取り組まなければならない重要な課題です。将来、海外の大学へ進学する場合には、ネイティブと互角に渡り合って競争に勝つ必要があります。そのための準備を小学生のうちから始めることは、とても重要です。

広告募集中